試行錯誤の法則

【ステップ0】

迷路を最も早くクリアしたマウスは、どのような特徴を持っていたのでしょうか。そのマウスの特徴は、最も多く失敗を繰り返したマウスでした。
詳しくは下記⬇️noteをご覧ください。

試行錯誤の法則|渡辺東(わたなべあずま)
1920年代に、アメリカの心理学者であるエドワード・ソーンダイク氏は、マウスを使った迷路実験を行いました。 この実験では、マウスが迷路を通り抜ける時間と回数を測定し、どのマウスがどのように迷路を通り抜けるかを観察しました。 その結果が興味深い。 最も早く迷路を抜けたマウスは、最も多くの失敗を犯したマウスでした。 ...

|渡辺東(わたなべあずま) @kochikazusa #note

コメント

タイトルとURLをコピーしました