『幸せの連鎖の起点となる』

KSLの広報担当、こちかずさです
KSL代表の渡辺東と一緒に
ウォーキングの魅力を発信してます!

お問い合わせは、このボタンをタップ!

ポールウォーキングの始め方を認定コーチが完全解説!

初めまして!

ポールウォーキングが大好きな、こちかずさです。

自分は日本ポールウォーキング協会認定マスターコーチプロです。

このブログは、シニアが「ポールウォーキングをやってみたいなぁ」と思ったときに、参考にしていただけるように作成しました。

シニアがポールウォーキングを始める際に必要なことを、誰よりも分かりやすく解説します!

こちかずさ
こちかずさ

有料老人ホームに勤務する中でポールウォーキングに出会い、シニアに最もおススメなスポーツがポールウォーキングだと確信しました!

自分は32年間、有料老人ホームに勤務していました。

ある時、上司から「認知症予防に最も効果的なものを探し、実施せよ。介護予防の最近のトレンドを調査して取り組むべし」との指示をうけました。

そして探し当てたのが、ポールウォーキングでした。

ポールウォーキングは認知症予防にもなり、介護予防にもなる優れたスポーツなのです。

運動強度を自在に調節できるため、運動習慣のないシニアでも始められます。

ポールが体重を分散するため、膝や腰に不安のある方でも始められるスポーツです。

シニアが取り組むには、うってつけのスポーツなのです。

「これだ!認知症予防にも介護予防にもなるとは!間違いなくこれからのトレンドになる!」

そう確信して、日本ポールウォーキング協会の指導コーチ資格取得セミナーを受講し、ベーシックコーチになりました。

その後キャリアアップして、現在はマスターコーチプロになっています。

シニアがポールウォーキングするときの疑問に答えます

「ポールウォーキングとノルディックウォーキングの違いが分からない」という方が多いと感じています。

「家族に勧められてポールを購入したけど、使い方が分からない」という方もいると思います。

「友人からポールをプレゼントしてもらったのは嬉しいけど、ポールウォーキングって何?」という方もいるかもしれません。

ポールウォーキングを始めるにあたり、いろんな疑問が浮かんできますよね。

このブログ『ウォーキングが大好きだ!』では、ポールウォーキングのプロが( ^ω^)・・・

  • 完全初心者でも大丈夫なように
  • できる限り分かりやすく
  • 専門用語を解説しながら
  • ポールウォーキングの始め方を紹介していきます

またポールウォーキングの初心者の疑問には、お問い合わせページから直接、こちかずさへ質問できます。

運動が苦手な方でも問題ありません。

順番に手順を踏んでポールウォーキングを始めれば、認知症予防と介護予防につながるウォーキングができるようになります。

歩き出す前に必要なこと【最重要】

ポールウォーキング専用ポールを購入しましょう!

ポールはポールウォーキング専用ポールを購入してください。

ノルディックウォーキングのポールを間違えて購入しないようにしてください。

ポールウォーキングとノルディックウォーキングの専用ポールの違い

  • ポールウォーキング用ポール
    グリップは歩行のバランスを補助する握りやすい形状
    先端のゴム部分は、丸くなっている
  • ノルディックウォーキング用ポール
    ポールを後方に押し出した際に、手とポールをつなぐのはストラップのみとなる
    先端のゴム部分は、角度がついている
    (斜め後方に傾いた角度で押し出す動作になるため)

「間違えて買ってしまうかも…」と不安な方は、シナノのレビータという商品群の中から選んでください。

シナノのレビータの中から選べば、間違ってノルディックウォーキングのポールを購入してしまうっていうミスは防げます。

「レビータも商品がたくさんある中、初心者の自分が選べるはずない!」って方は、こちかずさへお問い合わせください。

まずは、ポールの長さを調節しましょう!

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

ポールの長さ調節

ポールを持って歩き出す前に、長さを身長に合わせます。

なお動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください。

ポールの握り方を覚えて、握ってみましょう!

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

ポールの握り方

ポールの握り方をマスターしましょう。

人差し指を延ばすのは、ポールを強く握るのを防ぐためです。

ポールは親指と中指、薬指で軽く握るイメージです。

ストラップでしっかりと固定【意外と重要】

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

ストラップ調節

握ったら、ストラップでしっかりと留めます。

ストラップは外しやすいので、しっかり留めても大丈夫です。

こちかずさ
こちかずさ

いよいよ歩き方を解説します

分かりやすく解説していくから安心してくださいネ!

歩き方を簡単に説明します!

スターティングポジション

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

スターティングポジション

慣れるまでは、スターティングポジションをとってから歩き始めましょう。

こちかずさはスターティングポジションをとってからでないと、今では歩き出せないほどです。

ポールを持って歩く時の、ルーティンって感じです。

こちかずさ
こちかずさ

右手と右足、左手と左足が同時に出てしまう歩き方(なんば歩き)になって上手く歩けなくなってしまう方は、下の動画の歩き方を試してみましょう!

上手く歩けなかった方へ!『おまじないスタート』のご紹介【意外とハマる】

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

まじないスタート8カウント
こちかずさ
こちかずさ

歩き出し方までマスターした方は、「実際に歩いてみたい!お散歩してみたい!」って思うはず。そんな方は、『ポールウォーキングの3つのポイント』だけを意識して、歩いてみましょう!

ポールウォーキングの3つのポイント

まずは動画で3つのポイントを解説します

👇動画は音が出ます。お気を付けてご覧ください👇

ポールウォーキングの三つのポイント
こちかずさ
こちかずさ

動画で概略をつかんだら、下の解説をご覧ください

ポールウォーキングの3つのポイント『その①』

ポールは、かかとの近くへ置く!

右足を前に出すとき、左側の腕は前に出ていますよね?左側のポールの先端は、右足のかかとの近くに置きます。

右足のかかとの近くとはいえ、置いたポールと左足が交錯しないように置いてください。

交錯すると転倒してしまいます。

転倒しないようにポールをもって歩くのに、転倒してしまったら笑い話ですよね。

それから置くのであって、突くのではありません。

突く意識が無くても、『ポールを持つ手に力が入って』歩いている様子は、まるでポールを突いて歩いているように見えます。

ポールは突くのではなく、置いてくださいね!

ポールウォーキングの3つのポイント『その②』

遠くを見る!

「遠くをみるってどのくらい先を見るのか、感覚的に理解できない」って方がいらっしゃると思います。

そのような方は、「15メートルくらい先を見ましょう」とアドバイスしています。

「ポールをかかとの近くに置く」意識が強すぎて、下ばかり見て歩いていることがないように、「前方を見て歩いて!」って意味だと理解してください。

下ばかり見てポールウォーキングしたら危険です。

前からは車や自転車がやってきますし。

自分も初心者の頃は電柱にぶつかりそうになりました(笑)

ポールウォーキングの3つのポイント『その③』

半歩広く!

「ポールはかかとの近くに置く」、そして「15メートル先を見る」を意識してポールウォーキングしているアナタ!

歩幅のことを忘れていませんか?

いつもより、ちょっとだけ歩幅を広げるように意識しましょう。

その時に呼吸を忘れないでくださいね(笑)

人間は集中して何かをしようとすると、息が止まってしまうんです。

シニアは息を止めると危険です。血圧が急上昇してしまいますから。

3つのポイントを意識するあまり、呼吸を忘れないようにしてくださいね。

こちかずさ
こちかずさ

ポールウォーキングの3つのポイントをもっと詳しく知りたい方は、

『ポールウォーキングの3つのポイントを認定コーチが徹底解説!』のページへ!

ポールウォーキングの3つのポイントを認定コーチが徹底解説!のページは、こちら

👇ポールウォーキングについて『知りたいところから読む』って方は、下の写真をクリック!👇

👇ポールウォーキング全体を隅々まで知りたい方は、下記のページへ👇

👇ポールウォーキングに関する疑問をピンポイントで解決したい方はQ&Aコーナーへどうぞ!👇

👇Q&Aコーナーで解決しない場合など、こちかずさへ直接お問い合わせ可能です!👇

最新投稿のコーナーです

ーーーー NEWS ーーーー

タイトルとURLをコピーしました